注文住宅は何より土地選びが重要

結婚や出産を機に、新たに自宅の購入を検討することがあります。その際注文住宅について考え、間取りや外観など様々なポイントを選んでいる人も少なくありません。しかしそういった家に関する悩みよりもまずは重要なことがあります。それが住宅土地選びです。というのも日本の土地は地域によって建物の高さ制限を始めとする建築制限がある場合がほとんどです。そのため場合によっては自身が想定していた注文住宅が土地によっては建築できない可能性もあります。その為まずは家について考えるよりも土地選びを先に行うことが重要です。

土地選びのポイントとは

多くの人は職場から近かったり実家から近いといったポイントを重視し、様々な希望を持って土地選びを行います。しかし希望する条件が増えれば増えるほど選べる土地は限られ、また土地の価格についても上昇していき、想定している予算では購入自体が難しくなってしまうこともあります。そのような事態を避けるためにそれぞれの希望のポイントをピックアップし、絶対に譲れない条件以外を減らしていくことで、ある程度希望する条件に合う土地を見つけることが可能となります。土地選びにはある程度の妥協も重要です。

不動産仲介業者選びも重要

また土地を選ぶ際に重要なのが土地の仲介業者の選択です。通常土地を購入する際は不動産仲介業者を挟む必要があり、別途仲介手数料が必要となってきます。この際仲介手数料には宅建業法によって上限が定められていますが、業者によっては上限ぴったりでなく、ある程度仲介手数料の値引きサービスを行っていることもあります。そのため同じ土地の仲介であっても業者を変えることで、仲介手数料を安く抑えることも可能です。このように注文住宅を購入する際には土地に関する様々な悩みも存在します。一生に一度の大きな買い物ですので、しっかりと比較検討を行いながら購入計画を立てていくことをお勧めします。

注文住宅では、様々な面に対して自分の希望を取り入れることができるため、ライフスタイルに合った家づくりが実現できます。