飲食店は大規模にも小規模にも運営できるもの

飲食店といっても、その種類と規模によって、望ましい店舗物件というものは異なってきます。飲食店はチェーン方式にして大規模に営業を展開することもできれば、個人ベースで本当に小さな店をやって行くということもできます。実際にも、マスターが一人で切り回しているような小さな店で、お客が数人入れが一杯というような店舗でありながら、もう10年以上も続いているといったところもちゃんとあるわけなのです。この両者では、当然に必要となる店舗物件のあり方も違っているわけです。

飲食店の種類による店舗の規模を比較してみると・・・

最近、最も脚光を浴びている飲食店といえば、やはりラーメン店と言えるでしょう。本当に次から次へと、新しいラーメン店が出店しているのですが、ラーメン店の店舗規模というのは比較的に小さなものが多いようです。このラーメン店以外にも、牛丼チェーンや天ぷら屋チェーンなどは、ラーメン店同様に店舗の規模(面積)は小ぶりなものとなっています。こうしたものに対して、大型店舗であるのがファミリーレストランや焼肉チェーン、カフェテラスといった種類のもので、コーヒーショップはその中間の店舗規模、といったところでしょう。

食べ物の種類にふさわしい店舗物件のサイズ

こうしてみると、飲食店の店舗サイズの違いというのは、やはりその料理の種類によってほぼ決まってくるようですね。ラーメン店や牛丼チェーン、天ぷら屋チェーンには100人も入るような大型店舗がなく、ファミリーレストランには10人そこそこのお客しか入らないこぢんまりした店舗がない、といったようになっているからです。このように、食べ物の種類と店舗のサイズには、ちゃんと因果関係があるということがわかります。従って、飲食店を開業する場合には、その食べ物の種類によって、それにふさわしいサイズの店舗物件を探すということになるのでしょう。

店舗物件は設備や広さなども色々と存在しているので、用途などに合わせて比較して選ぶことが必要になります。