騒音の少ない建物とは?

騒音トラブルを避けるためには、まず騒音の少ない建物を選ぶ必要あります。一般的にマンションなどの鉄筋コンクリート造(RC)の建物は、木造や軽鉄骨造などと比べると遮音性に優れているという特徴があります。なのでどうしても騒音を避けたいと考えている場合は、木造のアパートなどよりマンションを選んだほうがよいと言えるでしょう。ただし、マンションは元々の建築費が高いため、家賃についてもアパートなどより高めになります。

騒音を避けるための細かいポイントもチェック!

建物の構造以外にも、部屋の戸数や部屋の構造、そして住民の傾向などがチェックポイントになります。部屋の戸数については、隣り合う部屋の数が少ないほうが、必然的に騒音も少なくなるため、建物の戸数が少ない物件のほうがよいと言えるでしょう。次に部屋の構造については、隣の部屋との間が壁だけの場合より、押入れなどの空間が設けてあるほうが音も響きにくくなると言えます。そして住民の傾向については、ファミリーや一人暮らしなど、同じ生活スタイルの人同士であれば活動スケジュールも似ているため、お互いに音をあまり気にしないで済むということが言えるでしょう。

入居後に出来る騒音対策

入居後に騒音が気になる場合は、あまりひどい状況であれば大家さんに相談する必要がありますが、日常的なレベルの騒音であれば自分で対策を講じることも可能です。例えば隣の部屋との間に押入れなどがある場合は、その中に物を詰めたほうが防音効果は高くなります。そして隣の部屋との間に壁しかない場合は、タンスなどの家具を置くとよい言われています。さらに、下の階への騒音に配慮したい場合は、カーペットや畳、そして防音用マットなどを敷くと、足音などの騒音が軽減出来ると言われています。

札幌の賃貸マンションには、ダブルオートロック機能といった最新式の防犯システムがあるので、安全な生活を実現できます。