引越すことになったら賃貸契約書を確認

引越すことになったら、まずは賃貸契約書を出し、そこに記載されている解約予告期間を確認しましょう。その期間より前に家主に引越すことを伝えたら、住んでいた分の家賃だけを支払えばいいことになります。しかし、その期間を過ぎてから家主に伝えた場合は、伝えた日から解約予告期間分の家賃を支払うことになります。解約予告期間は法律で、上限が3か月と決まっています。だいたいひと月のところが多いですね。学生専用物件だと3か月になりますが。

解約予告期間を考えながらスケジュールを組む

引っ越し先が賃貸である場合は、二重家賃の発生を極力抑えたいですから、解約日と引っ越し日と入居日を同じ日にしたいところですね。学生専用物件のように、解約予告期間が3か月である場合は別ですが、ほとんどの物件はひと月となっているので、ひと月後のスケジュールを厳密に決めるのは結構たいへんです。家主には期限ぎりぎりに伝え、それまで可能な限りスケジュール調整をおこなっておくことです。引っ越し会社の手配や入居日の設定などが特に大事です。

解約予告期間いっぱいで引越す

家主に伝えた日から、解約予告期間に当たるちょうどひと月後に引越せるのが理想ですね。でも、荷造りってかなり時間のかかるものです。学生や、一人暮らしを初めて間もない場合は荷物が少ないからそうでもないでしょうけど、家族がいたり、独身でも長く住んでいた場合は荷物が増えているので、それはそれは時間がかかります。引越し慣れした人ならうまくスケジュールが組めるでしょうが、自分が主体となって初めて引越す場合は、余裕のあるスケジュールにしたほうが無難です。

札幌市白石区の賃貸マンションは、地震に強い設計がされてあるので大きな地震が起きたとしても安心することができます。